2012年05月31日

夏のトレーニング予定!



はい、SPECIAL FIELD TRAINING参加された皆様お疲れ様でした!
若干燃え尽き気味で、ブログ再開が遅れました(´・ω・`)

フィールドトレの内容とリポートは、明日以降ボチボチ書いていきますね(`・ω・´)ゞ



さて、本日の記事は、これからのトレーニングスケジュールです♪



第3回 SDT ON TTC TRAINING

SDT ON TTC SPECIAL ADVANCE TRAINING
MIND SET&TACTICS CLASS



について、説明したいと思います。


【主催】 SDT-WORKS TRAINING DIVISION
【日時】 2012年7月14日 (土) 09:30~16:00
【場所】 埼玉県東松山市 田村装備開発 訓練施設 TTC
【会費】 ¥7,500+¥2,500 (訓練費用及び施設使用料)


【申込】
田村装備開発様 ホームページ

http://tamurasoubi.co.jp/



SDT-WORKS WEB SHOP よりお申し込み下さい


http://sdtworks.cart.fc2.com/


日時は、ちょうど連休の最初ですね。
各種イベントが山盛りだとは思いますが、他のイベントに負けないぐらい
かなりアツい訓練になると思います(`・ω・´)ゞ


では、どんな内容の訓練になるのか?
「MIND SETってそもそも何よ?」と思われるかもしれません。

MIND SET(マインドセット)とは、極度の緊張状態や混乱となる戦闘で
如何に心理的・思考的な冷静さを保つか?


と言うアプローチになります。

また、トレーニングの際によく柏木が言う言葉ですが・・・

心のない技術は、ただの暴力

と、教えています。
その為、戦闘に臨む心構えや思考と言った内容についても
皆様に学んで頂きます。

良くも悪くも、タクトレは射撃や効率を重視して、心構えが軽視されがちです。
そうした心に焦点を当てた訓練になります。



訓練内容

○マインドセット
・戦闘における心理
・興奮状態と恐怖心
・バードビューとコメンタリービジョン
・OODAサイクル
・ショックとパニック
・トンネルビジョン

○自己分析と戦闘の目的
・戦闘の目的
・自身の目的と役割
・必要な能力と求められる能力
・チームワークの概念と目的の統一

○リーダーシップ
・リーダーに求められる条件とは
・能力的リーダーと消去法でのリーダー
・リーダーの役割
・チームで発生する問題
・コミュニケーションスキル
・意志と能力

○戦術的思考
・小規模戦術概念
・チームタクティクス
・ロジスティクス概念

○想定訓練
・ワークショップ
・チームリーディング
・総合訓練

※今回の訓練は座学中心となります。


今回の訓練は、ADVANCE TRAININGとなり
下記の、条件を満たす方のみご参加頂けます。

・TTC様 戦術1 受講者
・SDT BASIC 修了者
・その他 同等のトレーニング受講者
・現役LEM 及び 即応予備自衛官 等




必要な物

・筆記用具
・拳銃
・予備マガジン
・ベルトないしレッグホルスター
・ガス
・BB弾 500発以上 (バイオBB弾)
・バッテリー(予備も必要)
・ゴーグル(目を保護する物)
・汚れてもいい服装
・マガジンや装備を保持できるリグ
・グローブ(推奨)
・水分及び飲料
・工具ないし予備の銃
・偏見のない心(One Open Mind)


座学中心で固まった身体は、夕方からの格闘訓練でほぐして
夜の訓練に備えましょう(笑)



※画像はTTC 訓練PVよりキャプ



○ TTC様 格闘訓練
http://tamurasoubi.co.jp/products/detail116.html

田村装備開発様の格闘訓練は、かなりアツいです。
身体操作や理合 そして思考まで総合的に
教えて頂けます。

更に更に、まだまだアツいです!
当日夜からは、夜間戦術訓練が実施されます!



○ TTC様 夜間戦術訓練
http://tamurasoubi.co.jp/products/detail248.html

これは、確実にアツくなりますね(^^

実は、SDTで実施するMIND SET CLASSの内容が
TTC様の戦術訓練にどんな影響が出るのか、少し楽しみだったりします♪



おっと、夜間戦術訓練は、TTC様の「ローライト基礎」受講者が対象ですね。
6月30日にこちらも開催されますので、事前に受講して頂くと
より一層深い訓練になると思いますよ♪

○ TTC様 ローライト基礎夜間特別訓練
http://tamurasoubi.co.jp/products/detail188.html



ちなみに、柏木は14日の訓練終了後千葉に連行されて
そのままゲームに参加予定です(笑)

多分死んでる・・・(´・ω・`)

まあ、コチラも私が参加する以上、ふつーのゲームにはならんのですが・・・( ̄ー ̄)
その辺については、別記事でご紹介させて頂きますね♪

 




SPECIAL SUMMER TRAINING IN CHITOSE
         <スペシャル サマー トレーニング 千歳>


【場所】 千歳 バトルフィールド山猫 様 (千歳市内から 約30分)

大きな地図で見る








【日時】 2012年 7月28・29日 (土・日)
【時間】 両日 09:00~17:00 (0800 受付開始)
【料金】 1DAY ¥7,000 2DAY ¥12,000 (フィールド料 1日¥1,000)






さて、どんな内容の訓練になるのか?
道内の皆様は、気になること思いますが、本日はその辺を説明したいと思います♪

千歳トレの特色は、2日間でSDT-WORKSのShooting classを
全て受講できる、非情に内容の濃いトレーニングになります!



初日(28日)は受付終了後に、まずガンハンドリングを実施します。
初めてトレーニングに参加される方もいらっしゃいますので、基礎からじっくりです。



そうして、ガンハンドリングや基礎的な内容を実施した後に、
各種射撃姿勢や、弾倉交換といったベーシッククラス(BASIC SHOOTER CLASS)の
内容をひと通り実施します♪


参加者の習熟度によっては、どんどん内容が先に進んでいきます♪


・安全管理規則の徹底
・射撃の5原則
・ゼロイン

・各種射撃姿勢
 ・ストレートダウン
 ・スタンディング
 ・サーチ&カバー
 ・ニーリング
 ・ダブルニー
 ・プローン
 ・TACプローン
 ・スパイン

・姿勢変換ドリル1・2
・弾倉交換・トランジッション ドリル
・方向転換射撃 (ターン&シュート)
・移動間射撃 (シューティングオンムーブ)
・ローリング シュート ドリル
・ペアシュートドリル



初日に基礎的な射撃をガッツリと堪能して頂いたら、2日目(29日)は、
いよいよ ACTIVE SHOOTER CLASSの内容に入ります。

・方向転換射撃
・バリケードドリル
・変則移動射撃

・ペア ムービングドリル (相互支援・超越前進)
・ペア シュートドリル (ピール・交互躍進)

・チーム ムービング (4名)
・フォーメーション トレーニング (フレア・組前進)
・コンタクトドリル (前後・左右)
・想定訓練



ACTIVE SHOOTER CLASSは、基本的に応用射撃やバディ・チームでの
射撃を重点的に実施するクラスで、この内容はサバゲにも活かす事が可能です。
※勿論、現役の方が参加されても、十分参考にして頂ける内容です。

2日目は、射場からフィールド内部を使用した、より実戦的な環境で、
射撃を行なって頂きます。

また、バトルフィールド山猫 様のフィールド特性に合わせて、
通常ACTIVE SHOOTER CLASSでは実施しない FIELD CLASSの内容も
織り交ぜながら、バディ・チームでの射撃訓練を実施していきます。






前回行われました千場トレが、インドアでのACTIVE SHOOTERでしたが
今回は、野外でのACTIVE SHOOTERとなり、また違った楽しさが味わえると
思います♪


http://www.youtube.com/watch?v=VdTN0WYHXi0&feature=youtu.be

こちらのPVをご覧頂ければ、どんな内容の訓練になるか。
その一端が御覧いただけるかと思います。


そして、2日目の最後には、2日間で訓練した内容をフル活用して頂く
想定訓練が行われます。

どんな内容になるかは、当日参加された方のお楽しみですね♪



それでは、よろしくお願い致しますm(_ _)m



http://sdtworks.cart.fc2.com/ca12/83/p-r-s/

SDT SPECIAL SUMMER TRAINING IN CHITOSE

【場所】 千歳 バトルフィールド山猫 様 (千歳市内から 約30分)
【日時】 2012年 7月28・29日 (土・日)
【時間】 両日 09:00~17:00 (0800 受付開始)
【料金】 1DAY ¥7,000 2DAY ¥12,000 (フィールド料 1日¥1,000)



SDT-WORKS 北海道初上陸!

今回のトレーニングは、2日間でハイレベルな訓練を実施します!
初日はガンハンドリングから、基礎射撃を訓練し、2日目は、チームでの
射撃技能やコンタクトドリルまで、バラエティに富んだ内容となっています。
皆様のご参加をお待ちしております。

・昼食及び飲料は各自ご持参下さい。
・駐車台数削減のため、出来る限り 乗り合いでお越しください。
・服装や装備は、サバイバルゲームの物で構いません。(バイオ弾推奨)

・駐車台数削減のため、出来る限り 乗り合いでお越しください。
・服装や装備は、サバイバルゲームの物で構いません。(バイオ弾推奨)

・訓練中は、会場のゲートが封鎖されますので、見学及び途中入場が出来ません。

(事前連絡があった場合は、対応可能です。)

○必要な物
・小銃(電動ガン及びガスブローバック) M4系 89式推奨
 ・予備マガジン×2本以上(リアルカウントの場合4本以上)
 ・BB弾 2000発以上
 ・バッテリー(予備も必要)
 ・ゴーグル(目を保護する物)
 ・スリング スイッチに支障のない物
・拳銃
 ・予備マガジン
 ・ベルトないしレッグホルスター
 ・ガス
・汚れてもいい服装
 ・マガジンや装備を保持できるリグ
 ・グローブ(推奨)

・2L以上の水分及び飲料(ハイドレーション 推奨)
・工具ないし予備の銃

・偏見のない心(One Open Mind)

装備品の選択には、制限はありません。
お好きな装備で、お越しください。



  

Posted by 柏木@中の人 at 22:26Comments(0)トレーニング・スケジュール

2012年05月20日

来週は、SPECIAL FIELD TRAINING!



はい、いよいよ来週に迫りました・・・

  SDT-WORKS SPECIAL FIELD TRAINING

sdtworks.cart.fc2.com/ca12/78/p-r-s/


週末のご予定が決まっていない方がいらっしゃいましたら、
是非、ご参加頂ければと思います♪

(´・ω・`)<テンキモ イイミタイ


○ゲスト講師



田村装備開発 株式会社
教育訓練部長 長田 賢治 氏 (ブログ内では けぢさん)


元陸上自衛隊特殊部隊
【実績】
・レンジャー訓練(首席)卒業
・レンジャー訓練 助教として約40名を養成
・銃剣道5段
・第13旅団格闘試験 徒手及び銃剣格闘 特級



【場所】 秋田県 (参加者様に直接お知らせ致します)
【日時】 2012年 5月26・27日(土 日)
【時間】 26日 0900~2400 (0800 受付開始)
      27日 1000~1430

【料金】 1DAY ¥15,000 2DAY ¥25,000 (宿泊料 1日¥600)


宿泊は、基本的にフローリングの屋内ですが、希望者は芝生にテントを貼って
宿泊も可能です。
照明・電源、炊事場、トイレ完備

食事は、26日想定訓練終了後の食事と、27日の野外調理用食材は
参加料に含まれています。
27日朝食及び携行食・行動食等は、各自持参となりますのでご注意下さい。


内容
詳しくは、参加案内に記載しますが昼間に、各種戦術動作や基礎訓練を実施して
夕方以降、想定訓練が実施されます。
恐らく、かなりの濃度(アツい)内容になること間違いなしです!

SDTの想定訓練は、各任務においてチームを攻撃と防御に分け、
それぞれに攻撃と防御命令を下達する、対抗戦方式になっております。
生身の人間を相手にする状況の流動性が、より一層の緊張感を醸成します。


面積
集合地点や詳しい場所は、参加者様に直接お伝えしますが、
広大なキャンプ場の敷地を利用して、実環境での戦術動作や
行軍・警戒移動が行われます。(10km以上歩きます)

途中の遊歩道から見える景色は、およそ日本とは思えない景色です(笑)



技術
濃いぃのは、初日と想定訓練だけではありません。
2日目は、野外生活一般として各種サバイバル技術の基礎を
ガッツリ実施致します♪
基礎的な火起こしやシェルターワーク、野外調理について
体験形式で、学んで頂きます。


【26日内容
0900        現地集合完了
0930        訓練エリア移動



0930~1030  チーム編成 キャンプ準備


1100~1200  カバー&コンシールメント
1200~1230  パトロールと拠点防衛
1230~1330  フィールドシューティング
1330~1430  攻撃動作 各種地形通過要領




※チームとしての連続訓練となります。

1430~1530  昼食休憩 兼 座学

1530~1600  アンブッシュ&カウンターアンブッシュ


1630~1615  カモフラージュ
1700        ブリーフィング及び任務付与

1700~1830  出発準備



1830       想定訓練 開始

※事後、1次想定終了後、2次想定に移行


27日 内容
想定訓練AAR~野外生活一般

・火おこし


・野外調理


・シェルターワーク


【携行品一覧】
携行品に関しては、あるもので構いません。
ただし、※の付いている品目については、必須携行とします。

サバイバルゲーム用装備で構いません。
服装の制限はありません。

○個人装備
・ベルトキット(個人装備)※
・迷彩服(一般服装でも構いません)
・履き慣らしたブーツ(トレッキングシューズ可)

・グローブ(推奨)
・キャップorジャングルハット※
・水筒or500mlペットボトル
・ナイフ
・低光量ナビゲーションライト
・フラッシュライト
・ホイッスル※
・サイリューム4本
・サバイバルキット(内容後述)
・着火用具
・コンパス
・携帯電話※
・行動食
・フェイスペイント
・シュマグやメッシュスカーフ
・メモ帳 筆記用具
・ビニールテープ
・個人用応急処置キット

○背嚢入組品(防水処置をしっかりと)
・バックパック本体
・飲料水 2L以上※
・下着2組※
・靴下2組※
・防寒着※
・レインウェア
・ポンチョないしビニールシート
・パラコード5m
・レーション3食分(予備1食含む)※
市販品で構いません(MRE等の喫食は自己責任で)

・燃料やバーナー
・コッフェルやナベ(お湯を沸かせるもの)

・紅茶・コーヒー等 嗜好品
・調味料(塩・コショウ・カレー粉)

・タオル※
・ダクトテープ

○サバイバルキット参考内容 (これから揃える人向け)
・アウターケース
・ソーイングキット
・マッチ
・アルミブランケット
・ロウソク
・安全ピン
・ボタンコンパス
・シグナルミラー
・岩塩
・イソジン
・ホイッスル



お申込みは、こちらからお願い致しますm(_ _)m

http://sdtworks.cart.fc2.com/ca12/78/p-r-s/
  
       続きを読む

Posted by 柏木@中の人 at 22:57Comments(0)トレーニング・スケジュール

2012年05月20日

北海道に行きます!



はい、来週のフィールドトレが天気よさそうで、一安心な柏木です♪
(´・ω・`)<サイキン マイカイ テンキ ワルカッタ


さて、今回の記事は、題名にありますようにSDT-WORKSが・・・

北海道に初上陸致します!!!



SPECIAL SUMMER TRAINING IN CHITOSE
         <スペシャル サマー トレーニング 千歳>


【場所】 千歳 バトルフィールド山猫 様 (千歳市内から 約30分)

大きな地図で見る


【日時】 2012年 7月28・29日 (土・日)
【時間】 両日 09:00~17:00 (0800 受付開始)
【料金】 1DAY ¥7,000 2DAY ¥12,000 (フィールド料 1日¥1,000)


   


さて、どんな内容の訓練になるのか?
道内の皆様は、気になること思いますが、本日はその辺を説明したいと思います♪

千歳トレの特色は、2日間でSDT-WORKSのShooting classを
全て受講できる、非情に内容の濃いトレーニングになります!



初日(28日)は受付終了後に、まずガンハンドリングを実施します。
初めてトレーニングに参加される方もいらっしゃいますので、基礎からじっくりです。



そうして、ガンハンドリングや基礎的な内容を実施した後に、
各種射撃姿勢や、弾倉交換といったベーシッククラス(BASIC SHOOTER CLASS)の
内容をひと通り実施します♪


参加者の習熟度によっては、どんどん内容が先に進んでいきます♪


・安全管理規則の徹底
・射撃の5原則
・ゼロイン

・各種射撃姿勢
 ・ストレートダウン
 ・スタンディング
 ・サーチ&カバー
 ・ニーリング
 ・ダブルニー
 ・プローン
 ・TACプローン
 ・スパイン

・姿勢変換ドリル1・2
・弾倉交換・トランジッション ドリル
・方向転換射撃 (ターン&シュート)
・移動間射撃 (シューティングオンムーブ)
・ローリング シュート ドリル
・ペアシュートドリル



初日に基礎的な射撃をガッツリと堪能して頂いたら、2日目(29日)は、
いよいよ ACTIVE SHOOTER CLASSの内容に入ります。

・方向転換射撃
・バリケードドリル
・変則移動射撃

・ペア ムービングドリル (相互支援・超越前進)
・ペア シュートドリル (ピール・交互躍進)

・チーム ムービング (4名)
・フォーメーション トレーニング (フレア・組前進)
・コンタクトドリル (前後・左右)
・想定訓練



ACTIVE SHOOTER CLASSは、基本的に応用射撃やバディ・チームでの
射撃を重点的に実施するクラスで、この内容はサバゲにも活かす事が可能です。
※勿論、現役の方が参加されても、十分参考にして頂ける内容です。

2日目は、射場からフィールド内部を使用した、より実戦的な環境で、
射撃を行なって頂きます。

また、バトルフィールド山猫 様のフィールド特性に合わせて、
通常ACTIVE SHOOTER CLASSでは実施しない FIELD CLASSの内容も
織り交ぜながら、バディ・チームでの射撃訓練を実施していきます。






前回行われました千場トレが、インドアでのACTIVE SHOOTERでしたが
今回は、野外でのACTIVE SHOOTERとなり、また違った楽しさが味わえると
思います♪


http://www.youtube.com/watch?v=VdTN0WYHXi0&feature=youtu.be

こちらのPVをご覧頂ければ、どんな内容の訓練になるか。
その一端が御覧いただけるかと思います。


そして、2日目の最後には、2日間で訓練した内容をフル活用して頂く
想定訓練が行われます。

どんな内容になるかは、当日参加された方のお楽しみですね♪



それでは、よろしくお願い致しますm(_ _)m



http://sdtworks.cart.fc2.com/ca12/83/p-r-s/

SDT SPECIAL SUMMER TRAINING IN CHITOSE

【場所】 千歳 バトルフィールド山猫 様 (千歳市内から 約30分)
【日時】 2012年 7月28・29日 (土・日)
【時間】 両日 09:00~17:00 (0800 受付開始)
【料金】 1DAY ¥7,000 2DAY ¥12,000 (フィールド料 1日¥1,000)



SDT-WORKS 北海道初上陸!

今回のトレーニングは、2日間でハイレベルな訓練を実施します!
初日はガンハンドリングから、基礎射撃を訓練し、2日目は、チームでの
射撃技能やコンタクトドリルまで、バラエティに富んだ内容となっています。
皆様のご参加をお待ちしております。

・昼食及び飲料は各自ご持参下さい。
・駐車台数削減のため、出来る限り 乗り合いでお越しください。
・服装や装備は、サバイバルゲームの物で構いません。(バイオ弾推奨)

・駐車台数削減のため、出来る限り 乗り合いでお越しください。
・服装や装備は、サバイバルゲームの物で構いません。(バイオ弾推奨)

・訓練中は、会場のゲートが封鎖されますので、見学及び途中入場が出来ません。

(事前連絡があった場合は、対応可能です。)

○必要な物
・小銃(電動ガン及びガスブローバック) M4系 89式推奨
 ・予備マガジン×2本以上(リアルカウントの場合4本以上)
 ・BB弾 2000発以上
 ・バッテリー(予備も必要)
 ・ゴーグル(目を保護する物)
 ・スリング スイッチに支障のない物
・拳銃
 ・予備マガジン
 ・ベルトないしレッグホルスター
 ・ガス
・汚れてもいい服装
 ・マガジンや装備を保持できるリグ
 ・グローブ(推奨)

・2L以上の水分及び飲料(ハイドレーション 推奨)
・工具ないし予備の銃

・偏見のない心(One Open Mind)

装備品の選択には、制限はありません。
お好きな装備で、お越しください。

  続きを読む

Posted by 柏木@中の人 at 19:52Comments(0)トレーニング・スケジュール

2012年05月19日

チェストリグ各部



はい、珍しく連続更新です(笑)
今回は、前回の記事で書きました通り、
チェストの各部詳細を、見ていきたいと思います。


 

まずは、①番ですが、こちらはM4ないし89の弾倉が4本入る仕様となっています。
バンジーコードのテンションで脱落を防止します。

SDT-WORKSでは、装備に腰マグを推奨していますので、ベルトラインに2本
チェストに4本で計6本の弾倉を保持できます。(180発)

下部に、小さなループが4箇所付いていますが、これは別売りのアダプタで
デューティベルト等と連結を想定しています。
また、脱落防止に使用したり、アウターグローブ・サイリュームやフレックスカフをぶら下げられます。






次に裏面を見てみましょう。
中央部分に、何やら茶色いものが付いていますが、こちらは、エラスティックバンドの
エクストラマグポーチになります。


ちょうど、blue Force Gear のTen-Speed Pouchと同様の仕様ですね。

参考画像 ©blue Force Gear

メインのマグポーチの他に、火力が必要な任務などで使用します。
これによってチェスト単体で7本の携行となり、腰に2本銃に1本で
7+2+1 で計10本(300発)の携行が可能になります。



ハーネスはH型として、パットやプラスティックパーツを廃して
極力射撃姿勢に影響を及ぼさないようになっています。
このタイプであれば、背嚢を背負っても干渉が少ないので、背中にやさしいです♪




ハーネスと本体の連結は、G-HOOKを使用しています。
プラスティックバックルはどうしてもサイズが大きくなり、音が出る為
G-HOOKで連結です。
また、金属製のフックをカバーするため、エラスティックループで
消音と反射を防止しています。

丸で囲んだG-HOOKの上に、チラリとウェイビングが付いています。
これは、これまでデットスペースだった部分にマグポーチや
ホルスターやナイフシース等を取り付けるウェイビングになります。





次に、③ですが正面の中央下部に止血帯用のポーチを取り付けました。

エラスティックで、CAT SOFなど使用するタイプを選びません。
ただし、脱落防止に難がある可能性があるので、もう少し改良するかもしれません。




次に④番ですが、デザイン画では4連になっていたセカンダリーMgポーチですが
サイズとの兼ね合いで、3連になっています。

ここには、ハンドガンマグの他にフラッシュライトやツールナイフも収納できます。
その横に小さなウェイビングが付いていると思いますが、こちらはマリスクリップや
モーリーでナイフシースやフラッシュライトポーチを取り付け可能です。

チェストリグやプレキャリ着ると、シースナイフの装着位置に困る場合が多いので
この位置にウェイビングを設けました。





次に⑤番♪
グレネードポーチサイズのユーリティーポーチです。
グレネードの他に、かさばる救急包帯や、雑多な用具を収納できます。

   
 


また、番号は振ってありませんが、右脇のポーチはこの様な薄型のポーチになります。
これは、ハンドガンを腰につけた場合、極力薄型にしてドロウに影響を及ぼさないように
考慮してあります。

ここには筆記用具や地図・書類が入ります。

また、画像はありませんがポーチと本体の間にもポケットを設けていますので
見た目以上の収納力があったりします♪


現在、カラーバリエーションや販売方法についても詰めていますので
もう少々お待ち下さいm(_ _)m

これは、ファーストサンプルですので、これからテストをして、各部を改良・販売の流れになります。
※各部の仕様等は、予告なく変更になる場合がございます。

  続きを読む

Posted by 柏木@中の人 at 22:46Comments(0)商品案内

2012年05月19日

かみんぐすーん



はい、昨日とは一転、本日は東北地方とってもいい天気です♪
イベント当日も毎回こんぐらい晴れてくれれば(´・ω・`)ヒゴロノ オコナイダロ…

さて、本日は昨日飛び込んで参りました大型新商品についてお知らせです。


まずは、ど~ん!




これまで、水面下で企画が進行しておりました
SDT ORIGINAL CHEST RIGです。

今回は、製造元からサンプルの写真が届きましたので、
まずはお披露目としてご紹介致します!

まずは、このCHESTの開発経緯からご説明します。

これまで、SDTでは各種訓練を実施してきて、
皆さんが装備で四苦八苦している姿を多く見かけました。

しかし、なかなか決定版といえるRIGがありませんでした。
そんな訳で今回、オリジナルチェストリグをデザインして、製造することとなりました。


デザインにあたっては、多くの現役隊員や海外の友人に相談しており・・・
「実際の製品が出来たら、使用するから送れ」との声が多くて・・・

お前ら買えよと・・・(笑)

まあ、そうした隊員たちの声を取り入れつつSDTの運用に適した
チェストリグの開発が昨年の冬にスタート致しました。

本日は、コンセプトと運用について触れたいと思います。


【コンセプト】
・高強度と高機動の両立
・柔軟な弾薬保持能力


軽い事は、良い事です!
出来ればかさばらずに1gでも軽くしたいと考えました。

従事する任務によって、弾倉の携行本数は変化します。
しかし、その都度RIGを交換したりポーチを付け替えるのは
面倒であり、何より保持箇所の変更は、戦術的にも好ましくありません。

そうした点を考慮して、デザインを行なっています。



【着眼点】
・2nd ラインの装備を見直し、チェストに収納する装備を削減する
・可能な限りサイドポーチの厚みを削り、ベルトラインとの干渉を防止
・スモークグレネードポーチサイズのポーチ×3で、その他携行品に対応する
・プラスチックパーツを極力削減し、射撃姿勢への干渉を防止する
・本体背面にエラスティックバンドで追加弾薬携行用スペースを設ける

上記のコンセプトをベースとして、考えられた仕様がこの着眼になりました。
こうしてぼんやりと製品の輪郭が見えてきました。


【 任務 (作戦) 】
市街地及び人工的な環境下での戦闘及び警備
家屋内における戦闘及び 車両を用いた任務
戦術的に高機動 を 要求されるチームでの作戦
瞬発的な火力  を       〃


更に、このチェストを使う任務は、どんな任務かを考える事で
チェストに収める装備が決まってきます。

そうすると、どの程度の収納力が必要になるかが分かり
デザインが固まってきます。

今回想定したのはPSD任務と市街地での作戦です。

出来るだけコンパクトサイズで、狭小地や車両乗降でも
邪魔にならない事を考えています。


【 上記任務における必要な装備 】
・M4ないし89式弾倉 6~10本
・セカンダリーマガジン 4~6本
・FAK個人用
(止血帯・エマージェンシーバンテージ・セロックス・ラテックスグローブ CPRマスク)
・ナイフ(フィクスドないし、ツール)
・フラッシュライト
・グレネード関連(スタン・スモーク・破片)


そうして、弾き出した装備を収納できるデザインを考えて
デザイン画を書きサンプル作成を依頼したのが、写真のブツになります。




これは、ファーストサンプルですので、これからテストをして、各部を改良
販売の流れになります。
※各部の仕様等は、予告なく変更になる場合がございます。


詳しい値段や発売時期については、今後発表できる段階になりましたら
随時公開していきますので、よろしくお願い致しますm(_ _)m



次回は、各部の詳細をお知らせしようと思います。
  続きを読む

Posted by 柏木@中の人 at 18:21Comments(0)商品案内

2012年05月18日