2012年05月02日

装備に関する基本的な考え方 ~ その3




            新PV完成♪



さて、本日は1stラインについて、お話したいと思います。
これまでの記事で書いたとおり、1stラインは緊急時に使用する
命綱みたいなものです。

その為、厳選した品物を適切に装備しなければなりません。

大前提となるのが、身につける事が可能であるという事
装備品をすべて外した戦闘服とブーツのみで携行が可能である必要があります。


この状態で、持って歩けることが前提ですね。

・サバイバルキット
・E&Eキット
・非常用食料
・その他最低限の物品

これらが、1stラインの詳細になります。

では、順に見て行きましょう。

まずは、サバイバルキット
これは、作戦領域で上記の写真のような格好になって
更に救助を待つないし、安全地域まで離脱しなければならない場合
生命維持に必要な物品を指します。

市販されている、一般的なサバイバルキットでもいいですが
仮に砂漠や乾燥地帯へ派遣されるのに、釣り糸と針を持って行っても
わずか数グラムですが、必要のない荷物を持って行く事になってしまいます。

その為、作戦環境に合わせたサバイバルキットを組む必要があります。
アウターケースや携行方法も、様々で先日お話ししたとおり、
どんなシーンで使われるかをしっかりと検討しなければなりません。

米海兵隊の例を見てみましょう。


少々見辛いですが、前から2番目の隊員は、fanny Pouchを下腹部に取り付けています。
この中にサバイバルキットや、非常用の装備を詰めて携行しています

他の装備とは、別系統になっていますので装備をパージしてもファニーポーチは残ります
また、装備との干渉も最低限になりますので、優れた携行方法であると言えます。




難点を挙げるとすれば、アウターポーチに防水性が少なく個別の用品ごとに
防水処置を必要とする事
E&Eキットを入れた場合、没収の危険があることでしょうか。

また、アウターケースとしては、ナルゲンボトルやメスチン
一般的なサバイバルキットに用いられる金属ケースなど多岐にわたります。

これらを使用するポイントは、単純です。
「使用する環境・状況にマッチしているか」だけです。




例えば、上に上げたメスチンでサバイバルキットを携行する場合
かなり大きめですが、調理器具としても機能する為
食料を調達できる環境では、有効に使用出来ます。

しかし、水に乏しい乾燥地帯で調理を行う事は考え難いので
そうした場合は、選択肢から除外されるでしょう。

乾燥地帯であれば、水の確保が何より重要になりますので
ナルゲンが向いているかもしれません。


※その時の作戦や状況によるので、一概に断定は出来ません。

また、こうした重要な装備の蛍光法についても注意を払う必要があります。
いくら優れたサバイバルキットを持っていても、大きく携行に不向きであったなら
本末転倒になってしまいます。

こうした携行方法や運搬手段などは、部隊SOPや各人の経験によって決められます。


長くなりそうなので続きます・・・


  続きを読む

Posted by 柏木@中の人 at 21:37Comments(0)タクティカルネタ

2012年05月01日

まずは、完成



やっと2012年度 春版PVが完成しました。

若干気になる箇所があるので、後ほど修正するかもしれませんが
ひとまず完成しましたので公開させて頂きます。
詳しい解説などは、次回以降に~♪


  続きを読む

Posted by 柏木@中の人 at 09:34Comments(0)タクティカルネタ

2012年04月17日

装備に関する基本的な考え方 ~ その2【文章ミス若干 修正】


今日は出かける予定だから、チャッチャカ書くよー(`・ω・´)ゞ
    ↑
って、書いておきながら 結局間に合わずに、帰宅後に書いてます・・・(笑)

【1940 追記】
慌てて書いたら記載ミスがありました・・・orz
図面にもミスがあるし・・・

図面のの「2st」 「3st」 を 「2nd」 「3rd」に読み替えてお読み下さい。

ご指摘頂きまして有難うございます・・・m(_ _)m






はい、いきなり図が出現です(笑)

図を見て貰えれば、文章要らなくね?(´・ω・`)


・・・・ |д゚)チラッ



はい、書きます・・・ヽ(´ー`)ノ






ライン別の装備構成とは何ぞや?

と言うお話なのですが・・・


生き残るために考え出された、装備品の構成例なんですね。

順番に見て行きましょう。




これは、文字通り 生きるために必要な装備を指します。
サバイバルキットや、敵性地域で逃げるために不可欠なE&Eキット
さて、ここで昨日の記事の図を思い出してみましょう。



環境的な要因で、まずは装備のアウトラインを考えると言いましたね。
1stラインの装備は、概ねこの段階で決定します。

向かう場所や環境がわかれば、その場所に向けた
サバイバルキットや水の量が変化してきます。

同時に1stラインの装備は、身に付けられる物に限られます。
非常用のキットですから、これが鉄則です。

衣服のポケットや首から下げる。
ウェストポーチを使って、常に身につける。

湿度の高い地域では、ビニール等での防水だけでは
不十分な場合がありますので、サバイバルキットの
アウターケースを変更する必要があるかもしれません。



気候的な要因も重要な要素です。
生命維持に欠かせない装備、つまり衣類や防寒・防水衣料も
1stラインに含まれますね。






さて、続いて2ndラインについて見てみましょう。
作戦継続戦闘に不可欠な装備が2stラインの定義ですね。

ここでは、ボディアーマーやチェストリグ銃や弾薬が含まれます。
作戦による弾薬携行量を調整したり、使用する銃器に合わせて
マガジンポーチを変更する。

こうした、装備の変更が必要になります。
同時に作戦と環境に応じた装具をどの様に選択するかが焦点となります。

潜入経路から、ペリであれば巻き上がる砂埃から目を保護する為の
ゴーグルが必要かもしれませんし、
徒歩であればブーツを変更する必要があるかもしれません。



こうして、2stラインまでの装備が決まったならば、次に3stラインを組んでいきます。



この時点では、すでに作戦に必要な装備を検討していますので
日数や期間分の衣類や装備予備バッテリーなどを
パッキングする為、荷物に応じたサイズのバックパックを選定する必要があります。

ただし、バックパックが3rdラインと言っても、大型のチーム装備や
作戰用装備をバックパックに収納する場合もあります。
無線機や爆薬等・・・

こうした場合は、万が一に備えてチームで分割して携行するか
常に予備を準備しておきます。



さて、ここまで簡単に装備の選定におけるラインをご紹介してきましたが
装備を投棄する場合、3rdから順番に投棄ないし残置していきます。

図を見ながら説明しましょう。
だいぶ端折って有りますが、通常何らかの作戦を行う場合
作戦目標の近辺で直接作戦に関係のない装具(3rdライン)を何処かに残置し
2stラインのみで作戦を遂行します。


そうして、作戦が終了次第 バックパックを回収・離脱となるのですが・・・

万一、作戦が失敗した場合、当然バックパックは回収できません。
しかし2ndラインが残っていれば、最低限戦闘継続ないし、自衛戦闘が可能です。

万一、2ndラインでの行動時に襲撃を受けたり、弾薬が尽きた場合
さらに装備を離脱して1stラインのみで離脱する場合もあります。

そうして考えると、装備の重要度べつの振り分けや、分類が如何に大切かが分かりますね。


次回は、もう少し具体的な装備の内容について語りたいと思います。



      続きを読む

Posted by 柏木@中の人 at 17:05Comments(0)タクティカルネタ

2012年04月14日

装備に関する基本的な考え方


はい、見事に今日書こうと思っていたネタが、一晩経ったら思い出せない柏木です(笑)

朝、コーヒーを飲みながら・・・

 「うーん、何書こうと思ってたんだっけ?」
「思い出せん・・・」ヽ(´ー`)ノ

なんてやっておりました(笑)

んで、やっと思い出しました(´・ω・`)



そんなこんなで、気を取り直して本日のネタを書こうと思います。
今日は基本的な装備に関する考え方です。

皆さん、装備品を選ぶ時はどの様に選んでいますか?

使い易さでしょうか?
かっこ良さですか?

人によって判断基準は様々だと思います。
一般的に特殊なところを除いて、公務員の方々は、支給される装備(官品)が
メインになりますが、自費購入の物品もあるかと思います。

さて、実際に戦闘で使用する装備を本気で選ぶ場合、かなりの研究と
多額の資金が必要になります。

その辺は、この仕事(趣味)の痛い所ですね・・・


まず、装備の大別からお話ししたいと思います。

装備は、その作戦によって選ばれます。
主に大別すると「環境」と「季節(気候)」「作戦」がメインですね。


環境的な要因では、任務を行う場所がどの様な場所なのか?
これによって基本的なアウトラインが決まってきます。

迷彩服の種類や装備品のカラーもこの時点で決定されます。
同時に、環境に適応するために必要な装備についても
ある程度検討されます。




次に、季節的要因ですがこれは気候的な要因と
読み替えても良いでしょう。

例えば、砂漠地域では日中は酷暑ですが
夜間は一桁まで気温が低下する場合もありますし
秋から冬にかけては、レイヤードによって
体温調整が可能な、インナーの選択が必要になります。

装備品についても、降雪時はベルクロに雪が張り付きますし
夏場に重量があって密着する装備は、熱中症の原因にもなります。

こうした事を考えつつ、装備のアウトラインを考えます。
ただし、この時点では装備を確定させることは出来ません。

なぜなら、最後に一番重要な要因が控えているからです・・・




そう、作戦的な要因です。

まず、任務は何を目的としているのか?
これによって、弾薬や火器の携行数が大きく変わってきます。

また任務特有の装備や必要なチーム装備・物品が
個人装備に加えて分配されます。

更に作戦期間はどの程度かによって、バックパック容量や
運搬する食料・飲料水その他装備が増減しますね。

更に、潜入手段によっても装備が変わってきます。
水路潜入であれば、防水装備が必要になりますし
空路なら降下対応のバックパックやハーネスがこれに加わります。


こんな感じで、装備品を選定するのですから、
巷にあれだけの多種多様な装備や、衣類が出て来る訳ですね・・・(´・ω・`)


次回は、ライン別の装備レイアウトについて書いていきたいと思います・・・
  続きを読む

Posted by 柏木@中の人 at 16:43Comments(0)タクティカルネタ

2012年04月13日

3.24SDT ON TTCトレーニング のご報告 最終回


はい、本日のミサイル発射ですっかり仕事のリズムが狂った柏木です(´・ω・`)

まあ、気を取り直して、粛々とブログを更新しましょう♪

今回の記事は3.243.24 SDT ON TTCトレーニングの最終回!
想定訓練までの流れを見てみましょうヽ(´ー`)ノ

どうしよう、引き伸ばしたネタが終わるよ・・・。゚(゚´Д`゚)゚。
問題ない(^ω^) 他にもネタはある・・・ハズ




車両を用いた緊急対応の訓練が終わると、いよいよ想定訓練に入ります。
これまでの総仕上げですね。

まずはマニュアルを使用して、知識面での補足を行いつつ
どんな点に注意するか?
また、どの様な流れになるかを説明します。


ちょっと宣伝(笑)
マニュアル 印刷バージョン・CD-Rバージョン
若干数在庫があります♪

早い者勝ちですので、気になる方はお早めに!

ご購入はコチラから
http://sdtworks.cart.fc2.com/ca12/79/p-r-s/









補足説明が終わると、すぐに想定内容が発表されました。

今回の想定は、概ね以下のとおりです。

想定
PSDチームは、ある商社の社長を警護するように命令を受けた。
この商社は、治安状況の良くない某国で強引な開発を行い、石油プラントの
用地買収や環境問題で少なからずトラブルを抱えている。

今回、商社社長(パッケージ)は、石油採掘権の確認と契約書類にサインする為
現地プラントを訪問する。

現地での行動は、書類確認・プラント設備の見学・調印が予定されている。

チームは現地プランを作成し、プロテクションを実施せよ。




こうした、想定を受けたメンバーは、即座にチーム内で脅威の分析と現地で必要な情報の
整理を始めます。

チームは、この時点で現地入りしていない想定ですので、現場の状況について
インストラクターに質問を投げかけますが、回答は一切帰って来ません。

インストラクターは、現地の総務担当にアポを取るように指示を出し、チーム内から
1名を現地に先遣隊(アドバンスチーム)として派遣するよう促します。



必要な情報について、チーム内の意見を聴取するアドバンスメンバー




現地へ飛び、アポが取れて、インストラクター扮する総務担当者から、聞き取りを行い
情報を収集するメンバー







実際に、施設内の見学ルートを見てまわるアドバンスメンバー







そうした、状況をチーム内で共有し、警護プランを練っていきます。

なれない作業に悪戦苦闘するメンバーを横目に、インストラクターは、非情にも
時間制限を設けてメンバーへ プレッシャーをかけていきます。

実際のプロテクションでも、金銭的な制約(予算)や急遽日程が変更される場合が
多々ありますので、こうした状況に慣れるためにもプレッシャーに耐えながら
プランを作成しなければなりません。




そして、プロテクション開始
どの様な結果になったかは、ご想像下さい♪




ただ、殆どが初対面でのチームで、初体験のプロテクションを実施して
あれだけの結果は、素晴らしいと正直に思いました!




本当なら任務失敗するかと予想していましたが、良い意味で予想を裏切られて
大変実りのある訓練になったなと、実感しております。


   


参加された皆様、本当にお疲れ様でした!
そして、次回またお会い致しましょう♪

  続きを読む

Posted by 柏木@中の人 at 20:04Comments(0)タクティカルネタ

2012年04月12日

3.24SDT ON TTCトレーニング のご報告 番外編



はい、最近連続更新のコツを思い出しつつある柏木です(笑)

今回はSDT ON TTC トレーニングの番外編です♪
ええ、ネタの温存と省力更新です(´・ω・`)



3.24は、TTCにおいて複数の訓練が同時進行しておりました!
SDTのトレーニングは主に第一訓練場と呼ばれる芝生の広場と
CQBスペースを利用して行われていたのですが・・・

ラペ塔の方では、田村装備開発様の潜入訓練が行われておりました!

本来、降下する面は芝生とは反対側を主に使用されるのですが、
芝生広場側も、中級以上で使用されるヘリからの降下を想定したスキットが設置され
訓練中も、すいーんと参加者が降下されていましたヽ(´ー`)ノ


降下!



すいーん

うん、見事な降下姿勢ですね♪







そして訓練中に、ふと横を見ると・・・







社長(タムヤンさん)が優雅に休憩中でした(笑)

田村装備開発様では、連休中に潜入集中特別訓練を実施するそうですヽ(´ー`)ノ
ご興味が有る方は、参加されてみては如何でしょうか?

潜入集中特別訓練 5月5日~5月6日(2日間連続訓練)


http://tamurasoubi.co.jp/products/detail246.html



後日談・・・・
訓練が終わって、火曜に訓練資材の発送や自主トレで
再びTTCを訪れた柏木だったのですが・・・(´・ω・`)

その日は天気もよく、平日訓練で皆さんが楽しそうに潜入訓練しているので
思わず・・・



10年ぶりに降下してしまいました(笑)
しかも、ジーンズにロンTと言うラフな格好で・・・(´・ω・`)
楽しくて、スパイダーまでやっちまったよ・・・

いや、やっぱりラペは楽しいわヽ(´ー`)ノ

タムヤンさん けぢさん お世話になりました!
また、次回よろしくお願い致しますm(_ _)m



 
  続きを読む

Posted by 柏木@中の人 at 21:18Comments(1)タクティカルネタ

2012年04月11日

3.24SDT ON TTCトレーニング のご報告 その3


はい、秋田は雨が降っています。
少しづつ暖かくなって、春に向かっている実感があります。
都内では桜が散り始めたそうですが、こちらではまだ蕾です。
連休中に咲くかしら?

さて、今回の記事は3.24TTCトレーニングの3回目です。
前回までは、チームプレイが入り複雑さが増してきたのですが、更に4名での
フォーメーションに内容が進んできました。



フロントラインと呼ばれる前方への警戒に重点を置いたフォーメーションを訓練しています。


 
この様に不審者が近づいても・・・





あっという間に取り押さえられ、武装解除ないし脅威として排除されてしまいます。
すでにパッケージ役は、遥か後方まで退避していますね。

この様に、wall(壁)が適切に機能すれば、パッケージの安全は格段に高まります。


しかし、テロリストの組織だったアンブッシュであったり脅威との距離がある場合、火力によって
安全を図る場合も存在します。
アフガンやIraqでのPMCの活動でおなじみですね。

如何に、脅威の方向に素早く指向し、火力でwallを展開するかが生死を分ける鍵になります。


 


この様にフォーメーションの訓練やCAD(counter attack Drill)をこなせるようになったならば
次のステップに移ります。


警護の世界で一番の危険箇所と言われるエンバス・ディバスです。

何故危険かと言えば、多少頭の回る襲撃者であれば、自宅から勤務先までの移動であれば
複数のルートを使ったとしても、出発地点と目的地はいつも同じになります。

そうすると、通るか分からないルート途中での襲撃より確実にターゲットが向かう先で襲撃する為です。
パッケージが有名人であったり公人の場合は、スケジュールが公表されていたり
大勢の人間が訪問を知っていますので、その危険性は高くなります。

更に、建物内の安全が確保されていれば建物内でターゲットへの襲撃は、難しいので
必然的に車から建物への移動の瞬間が狙われやすくなります。



パイプ椅子を並べ、車両に見立てた状態で乗車や降車を、繰り返しトレーニングしていきます。




これは、緊急時の退避要領のトレーニングですね。
何らかのアクシデントや脅威に遭遇した場合、素早く建物の中へ避難するかもしくは車に引き返し
その場を離脱します。

パッケージの姿勢を強引に低くして、車に押しこむトレーニングです。

体験すると判るのですが、パッケージ役は、前が見えない為、かなり怖いです。
安全のためにプロテックを着用してもらっています。


パッケージを車に放り込み、その上から隊員が覆いかぶさって、パッケージを保護します。
命が助かるならそんな事は言ってられませんが、汗だくのアーマー着た大男に
上に覆い被られるのは、あまりいい気分ではないですね(笑)




こうした、一連のトレーニングが終わると、すべての訓練の成果が試される
想定訓練に進んでいきます。

次回は、想定訓練の様子についてお話ししたいと思います・・・
  続きを読む

Posted by 柏木@中の人 at 22:46Comments(0)タクティカルネタ

2012年04月09日

3.24SDT ON TTCトレーニング のご報告 その2



はい、本日も引き続きSDT ON TTC PMS SHOOTER CLASSの
実施の模様をお伝えしようと思います♪

実施リポートだけでは、面白く無いかと思いますので本日は簡単に
実施した内容の説明を交えながらご紹介したいと思います。

昨日の記事にも書きましたが、内容が進むに連れてチームでの
連携動作が始まります。



通常は、CPO(Close Protection Officer)が手の届く位置でパッケージを
コントロールするのですが、もし後方から脅威が接近してきた場合・・・

この写真は、その対処の様子の一コマです。

後方からの脅威に反応して、脅威に一番近い人間がwall(壁)になり、
前方のメンバーが素早くパッケージを退避させます。




ここで、素早く脅威を無力化ないし、wallとして脅威の接近を阻害します。
この場でも、ターン&シュートの技法が非常に重要になります。



標的との距離を詰めて射撃、あるいは警告を発します。



ここまでパッケージと脅威が離れて、しっかりと接近阻止が出来れば、
安全に退避できる確率は、かなり高くなります。


次回は、4名でのフォーメーションについてお話ししたいと思います。

  続きを読む

Posted by 柏木@中の人 at 19:22Comments(0)タクティカルネタ

2012年04月08日

3.24SDT ON TTCトレーニング のご報告


はい、先日行われましたSDT ON TTC PMS SHOOTER CLASSの
画像が届きましたので、本日は予定を変更して、実施の模様を
簡単にお伝えしようと思います♪


また、柏木の下手な文章より、読みやすいハイパー道楽さんでも
今回のトレーニングの密着取材レポートがアップされています。

全体の流れがよくわかるナイスなレポートですので、
よろしければ、併せてお楽しみ下さいm(_ _)m


SDTワークス TTC タクティカルトレーニング レビュー

http://www.hyperdouraku.com/event/sdt1203/index.html








当日集まった参加者は、11名の皆様
いずれも現役の方やTTC様の戦術訓練、SDTのBASICをクリアされた方々で
ガンハンドリング等、何の不安もなく技術的な訓練に打ち込む事ができました。

皆様さすがの練度ですね♪
TTC様の潜入訓練、そしてSDTの訓練参加者を集めた全体朝礼を行なって
当日の訓練がスタートしました。

まずは、ちょっとしたお話から訓練が始まります。

PMSの実際の任務では、些細なミスが命取りになる場合や、
一国が傾いたり、戦争に突入する危険がある事

また、企業の重役などをパッケージとする場合、スキャンダルや
対応のミスが株価の暴落や会社の存亡に関わり、何億もの損失や多くの従業員が
職を失う可能性がある事などを説明します。


任務におけるプロテクションの重要性を聞くに連れて、参加者の真剣さが
より一層深まったのが、顔つきから分かってきます。


ちょっとした注意事項やお話のあとは、早速クロスレンジでの射撃に入ります。

近年のオペでは、遠距離ないし肉薄するぐらいの至近距離での襲撃が多く
ここでは、至近距離射撃を重点的に実施して頂きました。



写真からも判ると思いますが、ダッシュして標的との距離を詰め、射撃を実施しています。
これは、群衆などから躍り出た襲撃者を、付随被害を出さないように角度を計算しつつ射撃します。

同時に距離を詰めることで、襲撃者の視界を塞ぎ、パッケージをカバーする意味合いもあります。



基礎的な射撃で体が温まったら、次にバディを射撃実施者の前に立てて、同様に射撃を行います。

前に立ったバディをパッケージとして、正面でカバーしながら射撃を実施
先日から口を酸っぱくして言っております、基本動作がここで発揮されます。
ストレートダウンから、パッケージと自身の体を銃口がクリアした時点で、標的を狙います。

この技術自体は、シューティングオンムーブの応用になりますね。

連続写真で見てみましょう(´・ω・`)
バディの肩に手を置いて
足元のクリアランスを確認
目標との角度と位置を確認
パッケージの前に飛び出ます
そのまま前進しつつ射撃!
射撃後のサーチ&カバー

本来であれば、チームでプロテクションを行うので
この様なシチュエーションは、生起し難いのですが
基本的な動作として、訓練しています。

ここまでは、BASICを受けられている方なら、比較的簡単に
簡単にこなせるのですが、ここからがいよいよチームでの連携動作になり
一気に複雑さが増してきます♪


その様子は、次回お伝えしようと思います。




  
  続きを読む

Posted by 柏木@中の人 at 22:45Comments(0)タクティカルネタ

2012年04月07日

タクトレするとサバゲで弱くなる!? その2


新製品の単価計算をしながら合間に、ブログを書きなぐっております(笑)

多分間を開けてしまうと、更新が途絶える可能性が高いので、勢いに乗って
更新していきますヽ(´ー`)ノ



さて、タクトレするとサバゲで弱くなる!?の続きでございます♪

前回は、個人技能における実戦でのロスの話